保育園事務の志望動機や仕事内容まとめ!

保育士求人というとどうしても保育園で働くというイメージが強いかと思われますが、もちろんそれだけではありません。病院保育士というのもあります。数は決して多くはありませんが、病気の、または怪我をしている子供たちの力になりたいという方は、病院という選択肢を入れてみてもいいのかなと思います。

もちろん、なんとなくで勤まるようなところではないと思うので、よくよく考えてはいただきたいのですが、こういう選択肢も検討してみていただきたいですね。

ただ、保育士というのは、働く場所さえ選ばなければ、勤め先はかなりあります。慢性的な働き手不足となっているからです。保育士の仕事が楽だと思っている人はさすがにいらっしゃらないとは思いますが、それみしても本当に大変で、1人で何人もの子供を見ていなければなりません。

子供というのは数秒でも目を離すと何処かに行ってしまうのですから、それはそれは本当に大変です。私の弟も小さいとき、保育園でいなくなったと思ったら隅っこのほうに隠れていたことがありました。

こういうことを考えると、1人1人の負担を減らさないことにはどうにも出来ません。ですが、保育士には他にも問題があります。それは、給料がとても安いことです。

かなり大変な仕事であるにも関わらず給料がかなり安いため、働く人が敬遠すると言っても過言ではありません。働きたいけど忙しいのに給料が見合ってないと思い、泣く泣く諦めている人や仕事を辞めてしまう人もいるのです。

やりがいだけではどうにもならないことがあるのです。ですが、給料をもっと上げれば人も集まり、1人1人の負担がずっと減るのです。保育士である友人が、1クラスに1人増えればずっと楽になるのにと常々言っています。

もしそのクラスに18人の子供がいたら、2人の保育士で9人ずつ見ていたのが、3人で6人ずつ見ることになるのです。負担はかなり減るのではないでしょうか。

それに、保育士が増えれば、受け入れられる子供の数が増え、待機児童も減ることでしょう。まずは国に、保育士の給料を上げていただきたいです。思い切って上げるのは大変かと思いますが、保育士、そして子供のことをもっと真剣に考えてあげてほしいと思ってしまいます。

幸せを見出すことができる保育士求人

私の知り合いの男性が、保育士求人の募集に応募をして採用されました。いわゆる、男性保育士として働き始めたのです。男性保育士は女性保育士に比べて少ない傾向にありますが、男性ならではの役割も多いようで、張り切って働いています。

病棟保育士、病院保育士にも男性保育士が働いている場面を見たことがあるために、需要があるのだと伺えます。その男性は、10代の頃から子供が大好きであり、公園に行っては子供の遊び相手を受けていたこともあるくらいの子供好きなのです。

自分の心が幼いから子供と過ごすことが好きと言い、隠れんぼやなりきりごっこも心から楽しんでいるようです。最初は理系の学校に通っていたものの、自分に合わないと判断し、人と付き合う仕事をしたいと思い始めて進路を変更しました。

学校に通いながらも、インターネットを通じて子供の相談を引き受けたり、知り合いの子供と遊んだりと、子供との接触は欠かさなかったそうです。ここまで子供が好きな人間は、女性にも中々いないのではないでしょうか。

同年代の人間や、年上の人間と付き合うよりも、子供の世話を見ていることに充実を感じられるようであり、天職なのだと伺えます。保育士の資格を取った頃には、彼は30代なかばになっていました。

それまでに、大学を変えたりと、寄り道をしていたためです。念願かなって保育士の仕事にありつけた今は、天職だと毎日笑顔で保育士の仕事をこなしています。

彼は未婚で子供がいないので、まるで自分の子供のように保育所の子供をかわいがっているようです。子供の面倒を見ることができて幸せだと言い、子供と手紙のやり取りをしたり、日々折り紙の勉強をしたりと、励んでいます。

お給料や勤務時間には、頓着しておらずにとにかく仕事が楽しい、毎日仕事に行くのが楽しみだと、心からやりがいを持っています。他の仕事では得られないような素晴らしいものが、保育士にはあるのだと思われます。

思いやり、人間性、心理学、子供の人間関係など、毎日観察して勉強になっているようです。保育士になりたがる人はとても多いのですが、その理由がなんとなく分かってしまいます。ここまで幸せな仕事が得られれば、人生に悔いはなさそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA