保育士転職サイトの比較ランキングTOP5!

保育士で転職を希望した場合、どういう方法で転職を探せばいいのか、迷うところだと思います。

昔なら求人情報誌や求人サイトで募集している保育園などに履歴書を書いて直接送るというのが一般的でしたが、今は保育士の資格を持っている方向けに保育士専門の転職エージェントがたくさんあります。

こうしたところは非公開求人なんかもたくさん取り扱っていたり、キャリアコンサルタントと呼ばれる担当者が履歴書の書き方から面接までいろいろとアドバイスを送ってくれたりするため、うまく活用することで一人で転職活動をするよりは、はるかに希望の条件に合ったところに転職できる確率が上がります。

当サイトでもおすすめしている保育士の転職サイトをいくつか紹介したいと思います。

当サイトおすすめの保育士転職サイトのランキングTOP5

保育士ワーカー

転職専門のエージェントが運営する保育士に特化した転職サイトです。手厚い転職サポートには定評があり、データだけでは分からない転職先の労働環境や人間関係など詳細の情報も教えてもらえるので、安心して転職のサポートを受けることができます。

面接のアドバイスをはじめ、希望の転職先が見つかるまできめ細かくサポートしてくれるのが特徴です。

保育士人材バンク

特に関東圏の一都三県に特化した求人が多いため、東京近郊での転職を希望している人には特に推薦したい転職サイトです。希望する職場の施設や労働環境、雰囲気などできるだけ希望通りの転職先を紹介してくれるので、非常にありがたい存在です。

一般の求人以外にも非公開求人が多いのも特徴で、ハローワークなどでは得られない求人情報も多数保有しているため、これから保育士の転職を考えている人は必須のサイトです。

保育士バンク

求人数が保育士業界では最大級とも言われています。もちろん求人数が多いだけでなく、専任のキャリアコンサルタントが転職活動を手厚くサポートしてくれるので、決まりやすいサイトとしても定評があります。

転職だけでなく、保育士未経験での就職などのサポートもあるので、保育士の資格は取得したけど就職はこれからという人にもぴったりです。また非公開求人や好待遇の求人もたくさんあるので人気の転職サイトです。

マイナビ保育士

株式会社マイナビが運営している保育士に特化した転職サイトです。保育士の認知度も高く、履歴書の書き方から条件交渉や面接の対策まですべて含めてサポートをしてくれるのが特徴です。転職後のアフターケアがあるのも嬉しいところです。

担当のコンサルタントに転職関する様々な相談ができるため、転職活動に不安がある人も安心して活動をすることができます。

ヒトシア保育

転職希望者に対するフォローも定評があり、利用者満足度は94%と高い数字を誇っています。保育士の求人数は公開求人と非公開求人を含めると4万件以上あり、保育士の転職業界ではトップクラスの情報を保有しています。

転職だけでなく、現職の退職相談や新しい職場での待遇面など様々な相談にのってくれる専属のコンサルタントがいるが特徴です。

ニーズが多様化している保育士求人

保育園や保育士が不足しているという事が言われています。女性が出産をしても外に出て働き、社会に貢献していくことができるようになってきたため、その間子どもを預かることが必要になってきているのです。

母親が子育てをすることが大切だという考え方もありますが、女性が働いて経済を循環させていくことは社会全体にとってもプラスに働くものです。これから少子化がますます進むことが予想されていて、労働力となりうる若者が減っていくことになります。そういった労働力の減少を補うためにも、女性の社会進出は必要になるのです。

しかし、現在の状態では十分な保育が受けられているとはいえません。比較的低額で利用できる保育園はすぐにいっぱいになってしまい、高額な託児サービスを使わざるを得ない状況もあります。また、子供は病気になりやすいものではありますが、病気になると保育園では預かってくれないこともほとんどです。このように、使いたいときに使えない状況というものが女性の社会進出の足かせとなってしまっているのです。

それを解消していくために、保育園を増設し、保育士求人を増やすという流れが生まれてきています。単純に数が増えるというだけではなく、そのニーズに合わせて多様な保育の場面で活躍する保育士が求められているのです。

これまで女性の職場というイメージが強かった保育士の仕事ですが、最近は男性保育士も増えてきています。女性ではカバーしきれなかった部分の教育や、両性がともに活躍する社会のイメージを子供に養わせるという視点からも重要視されているといえるでしょう。

また、特に女性が不規則勤務になりがちな病院などは、専用の保育室などを設けていることも多く、保育士が多く求められるようになってきています。これは女性の働き方に応じたニーズにこたえたものといえるでしょう。

これらの例以外にも、これからは女性が社会に出ていくことにより、よりきめ細かに対応していく保育の形が求められていくことになるでしょう。少子化の中であっても、保育という分野にはこれからも希望があり、今後もより発展していくことが予想されます。保育士求人も比較的多い状態で推移していくことでしょう。

保育園だけではない保育士求人

保育士というと、保育園で勤務することだけをイメージしがちです。ほとんどはそのような働き方ですが、子供の保育を必要とするところには保育士のニーズがありますから、保育園以外でも保育士求人があるものです。家庭で子供を保育する形のベビーシッターとして求められることもあります。これから子どもの数は減ってはいきますが、共働き家庭の増加などにより子供の保育のニーズはそれほど減らないといえるでしょう。しかし、保育の形は多様化し、個々のニーズに応じていくことを求められることも多いのです。

そのような形の一つとして、病棟保育士、病院保育士という形も登場しています。主に病院内に入院している子供たちの保育ケアにあたるスタッフです。医療的なケアは医師や看護師が行いますが、子供はそれ以外にも手厚いケアを必要とします。

重い病気の場合、自宅と病院が遠く離れていることも多いため、普段は親と離れて暮らしている子供もいるので、特に精神的なケアなどには気を遣っていかなくてはなりません。さらに病院に入院している子供たちは病気で辛い戦いをしているため、変化をきちんと把握し適切に対応できる医療的な知識を持った保育者の存在が必須なのです。病棟保育士等の存在は治療だけではなく、今後の生活を見据えたうえでの教育や、病気に立ち向かうための前向きな気持ちを手助けする存在として重要なものとなっていくはずです。

現在はまだ病院内で保育士を積極的に採用するという場面は少ないですが、今後はこうしたニーズも伸びていくことが予想されます。病棟保育士、病院保育士として活躍したい場合は、今のうちにスキルアップを図り、将来の活躍に備えておくとよいでしょう。

保育士資格と保育への深い知識はもちろん必須ではありますが、病棟保育士として働くためには医療などへの理解も必要になりますから、そういった勉強も必要になります。こうした医療分野についての勉強は通常の保育士としての仕事にも直接生かすことができ、より専門的な保育ができるようになるというメリットもあります。本格的に病棟保育士を目指したいなら、保育士資格だけではなく看護師資格などを取得しておくと採用されやすくなるでしょう。